小原ギヤー製作所
HOME 会社概要 主な設備 製品のご紹介 お問い合わせ
主な設備のご案内
・NCホブ盤
カシフジ:KN151CNC
三菱:GD15CNC
カシフジ:KL450-NC
・立形マシニングセンタ
  オークマ:MX55-VB
オークマ:MB-56VB
・CNCタッピングセンタ
  ブラザー:TC-S2B
・NC旋盤
  オークマ:LB15-1SC
オークマ:LC20-1SC
オークマ:LB300
オークマ:LB3000
放電加工機:FANUC
・ホブ盤
  カシフジ:KR601
カシフジ:KR1000
・歯車型削盤
  唐津鉄工所:GS-101
唐津鉄工所:GS-2S
・平面研削盤
  日立:GHL-B409N
・放電加工機
  FANUC:α-C400iA ワイヤーカット
・三次元測定器
  ミツトヨ
・他
 
ネジ 研削 盤 ブローチ 盤
竪 フライス スロッター
キーシーター ラジアルボール 盤
取扱商品のご案内
・各種歯車製造
各種歯車研磨削(平歯車,はすば歯車,内歯車,ねじ歯車,ウォーム,インボリュートスプライン加工,ピニオン・ラック,スプロケット)
・各種カム設計・製造
  直進カム,板カム,平面溝カム,共役カム,端面カム,円筒溝カム,円筒リブカム,インデックスパレルカム,パラレルカム,ローラーギアカム,内接パラレルカム,ATC用カム
・機械加工
  マシニング加工(縦形),NCフライス加工,フライス加工,NC旋盤加工,旋盤加工,平面研削加工,円筒研削加工,内面研削加工,キー溝加工,ブローチ加工,ワイヤー加工
・熱処理
  サブゼロ処理,浸炭焼入,塩浴軟窒化(タフトライド), 窒化,軟窒化,ベーキング処理,焼なまし(焼鈍),真空焼ならし,応力除去焼なまし(SR処理), 真空焼なまし,焼入,塩浴焼入,真空焼入,PVD,オーステンパ,高周波焼入,溶体化処理(固溶化熱処理)
・メッキ加工
  クロム,硬質クロム,ニッケルクロム,黒クロム,銅,錫,半田,金,亜鉛,アルマイト,無電解ニッケル,3価クロメート,クロメート
















































車輪の許容輪圧を求める場合、一般には以下の計算式が用いられています。
P=DX(1−2r)×K
P:許容輪圧    (kg)
D:車輪径     (cm)
l:レール踏面幅  (cm)
r:レール角部の半径(cm)
K:耐圧係数   (kg/cm)
 耐圧係数の設定は車輪の使用環境(使用頻度、走行速度、踏面の焼入れの有無等)に依り異なります。一般に同一荷重の場合、走行速度が速くなる程、耐圧係数は低くなります。踏面に焼入れを施す事により、耐磨耗性を上昇させると共に(下記参照)、耐圧係数を高く設定する事も出来ますので、選定に際して御不明な点等ございましたら、弊社設計部まで御照会下さい。尚、弊社標準車輪の許容輪圧の一覧を、各レールサイズ、各耐圧係数毎に示してありますので、合わせて御参照下さい。
耐磨耗性について:一般に走行速度が速くなるに従って車輪の磨耗の時期は早くなります。また、レールの表面の硬度も使用するに従って暫時高まってきます。このため、特に走行速度が速い場合には車輪の耐摩耗性をより一層高めるために、踏面の焼入れを推奨しております。焼入硬度は、Hs45°〜55°の範囲となっております。耐磨耗性は鍛鋼車輪と比較しても、全く遜色はありません。
軸受について:軸受は輪荷重に十分耐え得る強度を肯しているのみならず、横方向の荷重にも耐え得るように、深みぞ単列玉軸受、もしくは、自動調心ころ軸受の使用が最も適当です。弊社製車輪は、踏面径Φ400迄は深みぞ単列玉軸受、踏面径Φ450以上は、自動調心ころ軸受を使用しております。
 
 
Copyright (C) 2004 Kohara Gear Seisakusyo. All Rights Reserved.